テーマ:雑誌

ふくしまの子どもたち、九州5日間の旅

この5日間、ふくしまからやってきた子供たち18人の旅を追いかけていた。 大分、佐賀、福岡とめぐり、様々なイベントを体験して夏の思い出をつくってゆく。 被災地では大変な思いをしてきた子供たち、ここでは思いっきり楽しんでほしい。 僕は雑誌(生協のクリム)の撮影のために初日、福岡空港に到着するところから撮影していた。 みんな大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「西日本文化」483号 巻頭グラビア

「西日本文化」483号完成! 巻頭ページでは琵琶修復師のドリアーノ・スリスさんを撮影させていただきました。 イタリアでギターを学んでいたドリアーノさん。 1970年代に来日し、琵琶の音に魅せられ、当時筑前琵琶最後の製作師だった方に琵琶づくりを数年間教わっている。 非常に繊細なる技術のため、今では非常に貴重な存在として様々なところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリム7月号 「小さな命の里親になろう」

コープ九州発行の雑誌「クリム」7月号 完成です。 特集は「小さな命の里親になろう!」、撮影を担当しました。 保護された犬や猫たちを引き取り、里親になった方々の話から伝わってくる小さな命の尊さ、幸せ。中でも印象的だったのは熊本市動物愛護センターでの譲渡会の様子。一頭の犬と家族との出会いは忘れられない光景です。 また古賀市にある老犬介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑前琵琶

筑前琵琶を修復する職人である、ドリアーノ・スリスさんを取材撮影させていただいた。 イタリア出身であるドリアーノさんは70年代に琵琶の修復技術を学び、 今では非常に貴重な職人さんとして筑前琵琶の修復を行っている。 いろいろとお話をお聞きしながら、この琵琶という楽器の奥深い魅力を知ることができた。 あまりにも繊細な技術が使われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「西日本文化」No481 巻頭グラビア

「西日本文化」 481号 巻頭グラビアは八女の手漉き和紙をつくる溝田俊和さん。 和紙をつくる工程をおしえていただきながらの撮影。 和紙職人さんの撮影ではよく見かける当たり前の構図にはならないように、 漉いた和紙をさっと持ち上げる瞬間を撮影。 溝田さんご本人もとても気に入っているという感想を後日いただいた。 溝田さんに関する詳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more