シャッター音を傍らに

アクセスカウンタ

zoom RSS 月夜の流れ星

<<   作成日時 : 2017/05/10 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

くじゅう長者原で夜を迎えた。
次の日にくじゅうでの写真展の搬入、搬出が控えていたので、
ゆっくり休んでおこうと思ったんだけど、
夜空を見上げれば美しい月夜に星が瞬いている。
こういう日は雨でもいんだけどなあとも思いながら三脚をかついで涌蓋山が見える場所へ。

とりあえず30分だけ撮影してみようとカメラを設定し撮影を始めた。
5月といえどもかなり寒い。
手袋なしでは感覚がなくなってしまう寒さだ。

それでも久しぶりの星空、月夜だったので、しばらくじっと眺めていた(もちろんシャッターを切りながら)。
こういう時に思うんだけど、
デジタルカメラになってほんとよくなったなあと思うことの一つに、
見た目に近い星空が撮れるようになったこと。
もちろん見た目よりかなり星が写ってたりもするけれど、
それでも星を眺めている時の感動的な光景にかなり近い。
フィルムの頃は数分単位でシャッターを開けてたので、
どうしても線となって流れてしまう。
もちろん写真の表現の一つとして面白いとは思うけれど、
星の動く光景は実際には見えないもんねえ(見える人もおられるのだろうか)。
だからフィルムの頃はいわばしょうがなく星を線として表現していた。

それが今ではある程度見た目に近く表現できる。
これはうれしい進歩だなあと思う。
その日の夜の感動がそのまま写真となって
余韻をずっと心に引き寄せてゆくようなイメージ。

そして10枚目くらいだろうか。
流れ星だ。
月の右上あたり、
月明かりから星明りへと向かうあたりに引く一瞬の光

画像


撮影をはじめて10分後、
こんなに早く流れ星を撮影できたのは初めてかもしれない。

次の日にそなえて数枚で撮影を終えたけれど、
時折高原を吹き抜ける風が近くの木々をサワサワと鳴らす
とてもいい月夜だった。
そしてそれは記憶に残る美しい余韻。

FUJIFILM X-T2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月夜の流れ星 シャッター音を傍らに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる