アクセスカウンタ

シャッター音を傍らに

プロフィール

ブログ名
シャッター音を傍らに
ブログ紹介
フォトグラファー川上信也の撮影日記。

シャッター音はささやかなる音ですが、
それが傍らで響くことから大きく広がってゆく世界。
何気ない日常から、忘れられない風景、自然、人、動物、
思いのままに書き綴ってゆきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
三日間の相棒 FUJIFILM GFX
三日間の相棒 FUJIFILM GFX 久しぶりに中判カメラを首から下げ撮影に出かけた。 久しぶりといっても、中判のデジタルカメラは初めて手にする。 それも貸し出し機だ。 6月11日に北九州の「ウェルとばた」にて、FUJIFILMさんが企画するイベントがあり、 その場で僕がこのカメラを使用しての感想などを述べるために届けられたものなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 00:17
佐世保で落語会
佐世保で落語会 佐世保へ仲間たちと落語会へと行った。 この落語会は僕たちがかかわっている雑誌「クリム」で連載している海老原靖芳さんの主催で、 僕たちを招待していただいたのだ。ありがたいことです。 海老原さんはかつてドリフターズのコント台本や「ゲバゲバ90分」を手掛けていた放送作家。 僕たちの年代にはおなじみの番組ばかりだ。 現在はふるさとの佐世保で「佐世保かっちぇて落語会」を立ち上げて様々な活動をされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 11:22
鹿児島大隅半島へ
鹿児島大隅半島へ この一か月、車の走行距離は4000キロを超えた。 ここまで走ったのは久しぶりだったのだが、 写真展が開催されていたくじゅうへの往復、 九州各県での取材撮影(ありがたいことです)、 その他個人的撮影、などなどが重なり、 改めて九州は広いなあと実感する月となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 14:27
森の朝 男池原生林にて
森の朝 男池原生林にて 久々に森の中で朝日を浴びた。 早朝、くじゅう男池に広がる原生林へと向かうと、 すでに周囲は明るみはじめていた。 つい先日まで朽ちた色合いだった大地は 生き生きとした緑を帯びている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 13:02
月夜の流れ星
月夜の流れ星 くじゅう長者原で夜を迎えた。 次の日にくじゅうでの写真展の搬入、搬出が控えていたので、 ゆっくり休んでおこうと思ったんだけど、 夜空を見上げれば美しい月夜に星が瞬いている。 こういう日は雨でもいんだけどなあとも思いながら三脚をかついで涌蓋山が見える場所へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 19:53
長崎土谷の棚田 三脚なしでの視点
長崎土谷の棚田 三脚なしでの視点 先月4月24日のことになるけれど、 長崎県福島町の土谷の棚田へ撮影に行った。 この棚田を撮影するのは10年ぶりになるけれど、 田植えのシーズンになるとカメラマンが展望台にズラリと並ぶ有名に場所だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 23:09
くじゅう 夕暮れの帰り道
くじゅう 夕暮れの帰り道 大分市内での撮影を終え、 帰りはくじゅう経由の道を選んだ。 ずいぶん遠回りになるけれど、 この季節の風を感じながらの運転は最高だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 14:02
くじゅう 白丹の朝
くじゅう 白丹の朝 くじゅう白丹で再び朝を迎えた。 春とは思えないほど空気が澄み、 冷え込んだ大気の中に鳥の声がこだましている。 まだ眠りの中にある集落を見守るように聳える九重連山に光が届き、 やがて大地の緑にゆっくりと陰影を生み出してゆく。 まるで印象派の絵のような美しい里山の朝だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 23:14
南阿蘇 一心行の大桜
南阿蘇 一心行の大桜 久しぶりに南阿蘇の一心行の桜を撮影した。 満開の姿を見るのは10年ぶりくらいだろうか。 やや小ぶりになったようなイメージがあるけれど、 この南阿蘇の大地に数百年も根ざしている存在感はやはり大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 11:42
筑前琵琶
筑前琵琶 筑前琵琶を修復する職人である、ドリアーノ・スリスさんを取材撮影させていただいた。 イタリア出身であるドリアーノさんは70年代に琵琶の修復技術を学び、 今では非常に貴重な職人さんとして筑前琵琶の修復を行っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 23:00
くじゅう 白丹にて
くじゅう 白丹にて くじゅうに白丹(しらに)という地区がある。 普通読めないけれど、この久住高原に広がる白丹地区はかなり範囲が広く、 人気の宿、久住高原コテージも白丹地区になる。 遠くに九重連山がそびえ、くじゅうに抱かれた美しい里山だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 19:00
書写山、円教寺へ
書写山、円教寺へ 早朝7時過ぎ、姫路駅前からバスに乗った。 車窓から見えてくる姫路城が朝日に美しく輝いている。快晴の空だ。 行先は書写山ロープウェイ乗り場。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 00:20
久住高原cafe & gallery 「みずしの森」にて写真展
久住高原cafe & gallery 「みずしの森」にて写真展 久住高原にあるcafe & gallery 「みずしの森」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 22:30
くじゅう 夕暮れの散歩道
くじゅう 夕暮れの散歩道 先日、長者原から雨が池手前までの登山道を歩いてみた。 手前というのは、日が暮れそうになって引き返したのだ。 夕暮れ時の登山道が結構好きなので、 決して無理をしない程度の「軽い散歩道」、というイメージだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 00:23
くじゅう 春先の雪
くじゅう 春先の雪 先日、3月23日、 久々にくじゅうで朝を迎えた。 夜明けから撮影しようと思っていたけれど、起きたら7時過ぎ、とっくに周囲は明るくなっていた。 くじゅうでの朝寝坊は久しぶりだったので、これはこれでいい時間だ。 この場所では気負うことなく撮影したいので、のんびりした気持ちでタデ原へと向かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 23:04
京都 思い出の石段へ
京都 思い出の石段へ 久々に京都へ。 京都は訪れるたびにいろいろと刺激をもらったり心を鎮めてくれる場所なので、定期的に行くべき場所と思っている。 今でも時刻表には必ずといっていいほど駅前のホワイトホテルの広告があり、あの絵を見るたびに不思議と旅情がかきたてられる。2度ほど泊まったことがあるけれど、ぶら下がり健康器が置かれていたりとレトロ感も満載だった。もう泊まることはないと思うけれど。いやあるかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 23:11
阿蘇雪化粧
阿蘇雪化粧 阿蘇くじゅうを取材で巡っていた。 魅力的なお店、人との出会い、 改めて阿蘇くじゅうの魅力を知ることとなった。 その内容は雑誌が完成してからになるけれど、 その途中で出合った風景を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 23:14
九重ヒュッテへ
九重ヒュッテへ 久々に九重ヒュッテへと行った。 何年振りだろう。18年ぶりくらいかなあ。 今回はとある雑誌の取材で、お昼過ぎからお邪魔して、 いろいろとお話を聞きながら撮影を進めていった(発売前なので詳しくはいえませんが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 23:01
くまモンと
くまモンと 熊本県生協連主催の「熊本地震復興支援 感謝のつどい」が熊本市内で開催され、 僕は撮影を依頼されていたので、 お昼から様々な人たちの話を聞きながらステージを撮影していた。 地震後、すぐに全国から支援にやってきてボランティア活動を行い、 普段は配送に使っているトラックで引っ越しを手伝ったり炊き出しなども行っていた。 僕は去年、何度となく益城町を訪れて生協の方たちの支援の様子を撮影してきたので、 改めて生協の力ってすごいんだなあと実感した次第。 もちろんこれからもまだまだ支援は続いてゆく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 20:02
篠栗九大の森
篠栗九大の森 先日、篠栗九大の森、というところを歩いた。 福岡県の篠栗にある九州大学の演習林だ。 篠栗町は森林セラピー基地の設置を積極的に推進していて、 ここもそのうちの一つ。 スダジイやコナラなどの木々に加え、ラクウショウという不思議な根っこを持つ木があり、 最近はこの木の存在が全国的に知られるようになって多くの人が来るようになった。 僕も先月この木を取材して初めて知ったのだが、 外国の森のような雰囲気を創り出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 22:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

シャッター音を傍らに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる