Fukuoka 詩的リアリズム

福岡の何気ない風景を撮り続けている。奇跡は身近なところにこそ訪れるという写真家ソール・ライターの言葉、また先日京都で見たウィリー・ロニスの写真展を見ていても自分に身近なる場所を撮り続けることはとても大事なことということを改めて感じた。詩的リアリズムという言葉をその時に知ったけれど、僕にとって福岡という街はもはやふるさとのような場所である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more