雨の美術館へ

雨の福岡市美術館へ。 ガンダムの展示などをやっていたけれど、僕は初代ガンダムしか分からないので、その展示だけを重点的に見た。懐かしい。 僕は昔プラモデルでギャンというモビルスーツを作ったけれど、そのプラモデルも展示されていた。 雨の美術館、大濠公園がかすんで見える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fukuoka 詩的リアリズム

福岡の何気ない風景を撮り続けている。奇跡は身近なところにこそ訪れるという写真家ソール・ライターの言葉、また先日京都で見たウィリー・ロニスの写真展を見ていても自分に身近なる場所を撮り続けることはとても大事なことということを改めて感じた。詩的リアリズムという言葉をその時に知ったけれど、僕にとって福岡という街はもはやふるさとのような場所である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今この人を撮りたい Vol.14

ホームページに付属しているブログで連載している「今この人を撮りたい!」 僕の周囲にいる魅力的な方々を撮影させていただいてます。久住のラッパー ケイスケくんで14人目となりました。彼は大腿骨頭壊死症という難病が今年発覚し、竹田市でのライブは手術の3日前のことでした。 K-SK ケイスケ    久住のラッパー   雲の合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西新へ

 久々に西新を歩いてまわった。岩田屋もプラリバもなくなり、すっかり姿を変えてしまった西新だけれど、路地裏は僕が住んでいた頃と変わらないように思う。パチンコ屋の裏の路地には「万里の長城」というほぼ中国のような雰囲気の中華料理屋さんがあり、ここも変わらない。久々に行ったけれど少ない席数は埋まっていたので、雰囲気を見ただけでお店を出た。やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラム 「シャッター音を傍らに」

「モノコトマガジン MADE IN」では去年から今年の4月までコラム「白丹のルスカ」を一年間続けてきたけれど、その続きのようなもので新コーナー「シャッター音を傍らに 福岡⇔くじゅう白丹」がスタート。  基本的に変わらない内容ではあるけれど、今回はくじゅうだけでなく福岡での物語も書いていこうと思っている。どちらも大事な場所なので。という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の投稿

久々に投稿。 他のブログで続けていたのだが、こちらの方がとてもやりやすいということも分かってきたので。 しばらくお休みしていましたが、こちらも続けていきます。 ここ一年で周囲の状況もいろいろと変わりながら、その変化への対応に追い付いていないような感じもする。これからもまだまだいろいろと変化が起こりそうなので、これはもうこちらが柔軟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more