きっかけの一枚

阿蘇くじゅうの高原を中心に撮影しようと思うきっかけになった一枚がある。
おととしの冬の飯田高原で撮影した一枚。
夜明け前の高台から朝日を待っていたんだけど、そこに広がっていた光景は今まで見てきたくじゅうの朝の中でもベスト3に入るくらいの美しさだった。こんな光景が車の窓から広がっているということが信じられない気持ちで夢中でシャッターを切った。これがこの場所の持つ大きな魅力なんだなあと改めて感じる時間だった。山々の周囲にも大きな魅力が広がっている。
僕はもともとテーマをしっかり決めて撮影するというタイプではなくて、いろいろと撮影していった中で自然と見つけてゆく、というスタイルを続けてきたんだけれど、今回はこの一枚が写真集へ向けての大きなきっかけになった、という意味で思い入れの強い一枚かな。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック