シャッター音を傍らに ー川上信也撮影日記ー

アクセスカウンタ

zoom RSS フジカ ハーフで百道花火大会撮影

<<   作成日時 : 2017/07/28 20:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

フジカ ハーフ 1963年製。
先日僕の愛機に仲間入りしたカメラで、百道の花火大会の撮影へ。
ちゃんと写るのかどうかも分からないし、フィルムがちゃんと送られているのかも確信がない。ピントも目測なので外れていることがしばしば。でも花火は無限に合わせればいいのでこの点はきっと大丈夫だ。
カラーネガフィルムを使うのは何年ぶりだろう。ポジフィルムを使うさらに前のこと。いわば僕のカメラの原点ともいえるフィルムだ。今、手元にはフジカ ハーフとフジカ オート7がある。オート7は修学旅行に持っていったり、高校時代の一人旅でも愛用していた。あの頃は何も考えずにネガフィルムを使っていたけれど、このフィルムが今となっては僕の中で新しい表現方法になりつつある。
画像


つい先日、このカラーネガフィルムを複写してカラー変換する方法を見つけ出したのだ(かなり危ういオリジナル方法なんだけど)。これが結構楽しくて新たなる視点で撮影意欲もわいてきたのだった。

 もちろんここ10年ほどは仕事でも作品撮りでもデジタルカメラがメインになってきたわけだけれど、きれいな画質で撮れるのは当たり前だし、ものすごい大伸ばしにしても大丈夫という世界になってきた。それはそれで素晴らしい進歩だと思うし、その世界の中でオリジナリティを常に求めて作品撮りを続けてきたわけだけれど、何だかちょっと飽き飽きしてきた感もある。
この辺で真逆のことをやってみたいと思う。
とても不便なものの中にこそ、新しい表現が待っているのかもしれない(待っていないかもしれないけれどね)。
しばらくこの不便な世界を楽しみつつ、自分の中で何かを感じ取るまで撮ってみようと思っている。フィルム現像を待つ楽しみはカメラの原点とも思えるし、これは改めてとても大切な世界だろうと思う。そしてそこから今のデジタルの世界の良さも改めて見えてくるのでは。

で、百道花火大会の撮影。
室見川に映る花火の流れを狙いながら三脚にセット。
フジカ ハーフはシャッタースピード30分の1以下はいきなりバルブ撮影になる。
ポジフィルムの時はどういう設定にしていたかなと思い出しながら適当な感覚でレリーズを押してゆく。
そして後日現像し、最初の一枚目の写真がこちら。オープニングの花火。

画像


あえてフィルムの穴はそのまんまにノートリミングで現像してみた。カラーネガって緑とオレンジの縁があるんだなあと発見。そして思った以上によく撮れてるなあという印象。夕暮れの青がちょっと強いと思えるくらいだ。ハーフサイズのちょっと荒々しい感じもデジタルには決してない表現だなあと思う。

画像


ハーフサイズは普通に構えると縦写真なので、これらはカメラを横にして(縦にしてというべきなのかなこの場合)撮影したもの。
不思議と露出もあっている感じなんだけど、きっとこれはネガであるからなんだろう。
専門用語でいうとラチチュードが広いとかいう表現だったような、もう忘れてる!

画像


普通はこの並びだけど、こういう風に並べて現像するのも結構面白いなあと。

そして移動して室見川の河原へ。
引き潮なのでみんな河原に下りて花火を見ている。
煙がすごかったので花火が見えにくくなってきた。
でもこの煙から顔を見せる花火もまた不思議な魅力があっていいなあと思いながら撮影。

画像


そしてこの一枚がクラシックカメラの面白いところ。
どこからか光が入ってきている。
この偶然の産物が大きな魅力になることも。
もちろんカメラに問題があるわけだけれど、それを楽しまないとね。

画像


これらの写真はもちろんデジタルカメラのようにその場では確認できない。二日後にこうやって画像をみることができたわけだけれど、この待ち時間の心のときめき! 
この感覚が写真文化というものを長年かけて熟成させていったといってもいいのかも。

そしてこのフジカ ハーフ。 昼間撮影の色はというとこんな感じ。
コントラストは弱く、柔らかい。目に優しい柔らかさだ。
思わず写真の色だ!と思った。
まあもちろん懐かしさという思いも含まれてるんだけど。

画像


古くて新しいフジカ ハーフでの撮影はつづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フジカ ハーフで百道花火大会撮影 シャッター音を傍らに ー川上信也撮影日記ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる